「顔が見えるラジオ局に」 月1回で公開収録スタート 浦安市民運営「ちょあへよ」


浦安市市民活動センターに開設された浦安ネットラジオちょあへよ.comのサテライトスタジオ=浦安市北栄1

 浦安市在住の市民が運営するネットラジオ局「ちょあへよ.com」(杉村一之局長)は、同市北栄1の市民活動センターで月1回の公開収録を始めた。広報担当の尾崎恵美さんは「浦安から発信しているラジオなので、地元での知名度をもっと高めたい」と意気込む。

 2009年8月に開局。「ちょあへよ」は韓国語で「好きです」の意味。浦安在住・在勤のパーソナリティーによる浦安の魅力紹介など15番組をインターネットで放送している。これまでは各自の自宅などで収録していたが、5月23日、市民活動センターに「サテライトスタジオ」を開設。道路に面してガラス張りの好条件を生かして初めての公開収録を実施した。

 公開収録を記念して KYB(カヤバ) Lowfer Sports 1本(フロント右) タントカスタム(L350S) RS、X、L WST5305R / ローファースポーツ、

DAD ギャルソン ヴェルファイア GGH2# ラグジュアリークリスタルミラーフェイス エグゼタイプ ブラックダイヤ 塗装済み激安買取

、同日はものまね芸人のぺよん潤さんがゲストで登場。「八方美人」と「街こい浦安」の2番組の収録が行われ、パーソナリティーを務める尾崎さんらと軽快なトークを繰り広げた。バス停で待つ人や帰宅途中の通行人の関心を誘っていた。

 収録の様子を収めた動画は同局のサイトで公開している。次回の公開収録は今月27日を予定。尾崎さんは「インターネットでのラジオ放送だけでなく“顔の見えるラジオ”としてリアルに活動していきたい」と話していた。


フォトニュース