>  > Evotech Performance Yamaha MT-09 Sport Tracker ABS リアアクスルスライダー 2015 - 2016

Evotech Performance Yamaha MT-09 Sport Tracker ABS リアアクスルスライダー 2015 - 2016

Evotech Performance Yamaha ROAD-4 MT-09 Sport 94- Tracker ABS リアアクスルスライダー 2015 - 2016

<<   作成日時 : 2010/11/23 18:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

天知予僻陋慢訑、故棄予而死、已矣夫。
天すら見捨てて死んでしまう、日本一のぐうたら出鱈目男、冶摩那 野暮楼です。
(世界は広い。俺よりぐうたらでいい加減な男はきっと居る… はず。)


大岳山ね。最近でも、御岳山トレーニングのついでに登ってますよぉ。結構新鮮なネタをお届け出来る ― のかなあ。所詮こんなの、何時のネタでも似たり寄ったりの気が…

何言ってるの!読者は「山の今」を知りたいの!一昨日(11/20)も行って来たんでしょう。伝えなさいよ、ちゃんと!

 本真かいな? え~と、大岳山は紅葉も終わって、枯れもみじだらけでーす。あげーなもん見て「まあ、綺麗」なんて言いよる人も居るでよ! 行ってみたらどうか … と … 思う …

いらないのね … 命

 … ごめんなさい

あっははー。大切にしろよ!命ぐらい。 お前には、もう、それぐらいしか残ってないんだし!

 うるさい!


と言う訳で?大岳山を紹介しますね。
奥多摩でも、お手軽に富士山を見る事が出来る、人気の山です。富士の姿の良さとお手軽さでは、東京都では、三頭山(都民の森)と双璧でしょうね。
標高は1267m。いかにも「日帰りには丁度良い」感のする高さではありませんか? でも、この山は、結構深い山なんです。その理由は、直登出来るコースが限られている、と言うか「一般的ではない」という事です。

直登コースの一つは、海沢探勝路。でも、ここは、沢登りなんですよね。行った事は無いので、実際の事は正直分かりませんが、一般的に沢登りは登山の総合力が問われるので、それなりの技術 ― 例えばルートファインディングやザイルワークや観天望気などを高度に使いこなす技術 ― が要求されるとしたものです。山頂で海沢探勝路を通って来たと思しき人をあまり見かけないのですが、やはり厳しいコースなのかなあと、勝手に考えております。

その他に、檜原村側から馬頭刈尾根を経て山頂に至るコースも有ります。このコースを通る人は、まあそれなりに見かけます。でも、ここへのアプローチは、武蔵五日市の駅から神戸(かのと)岩方面へ向かうバスに乗り継いで行く事になりますので、結構かったるいんですよ。
かと言って、車で行く場合、駐車場に困るんです。で、まあ、裏技と言う程でもないんですが、主道から林道?に入って、適当な場所で停めるという手があります。場所は「白倉」なんですが、この道への入口は、その手前の「中里」にあります。
もう少し詳しく言うと、武蔵五日市から向かうと、桧原村役場の先で道が「数馬」方面と「神戸岩」方面に分かれますが、これを「神戸岩」方面に一寸行くと、「千足」のバス停のチョッと先で右側に斜めに上りながら入っていく小さな脇道が有り、ここを登っていくんです。小さな集落を通り過ぎる過程で、道はやや頼りなくなってきますが、我慢して通って行きましょうね!そこを過ぎると、道は林道然としてきます。そこを車で進んで行くと、登山道が林道を横ぎる所に出ます。この少し手前に、駐車するのに良い場所が有るんですねえ。登り方向から見ると左手側 ― 谷側 ― に車を乗り上げられる場所が有る筈なんです。自分はここに車を停めて、何度か登った事が有ります。まあ、こんな事をするのは、私ぐらいのもんでしょうかね?(自慢にならないか…) 地元の人の生活もあり、大勢押しかける様だと大顰蹙を買いそうなので、まあ、このコースは止めときましょうね!敢て行くなら電車とバスで、ね!

神戸岩方面から登るのなら、「大ダワ」から登るという手も有ります。この場合、「自家用車で」という事になりますかねえ。ただし、ここは神戸岩の先の所で「一般車両通行止め」になっている筈なんですが… 。無論、ゲートが閉まっていて通れない事も、時々有るんですが、まあ、通れる事も多いんです。
主道から神戸岩の方に右折して進んで行くと、初めての人は、思いっきり不安になるかもしれません。バンガローなどが有る所まで行くと、道は思いっきり頼りないものになって、「このまま行き止ってるんじゃない?」と勘違いしてしまうかもしれません。そこを通り抜けると、やがて「神戸岩」の駐車場に着きます。これを通り過ぎて更に進むとトンネルが有り、その向こうに「鋸山林道」が続いています。ここにゲートがあって、極稀に閉じて通行できない事もあるのですが、まあ、多分通れるでしょう。
この林道を登りきった所が、「大ダワ」と言う峠になります。ここは結構広くなっており、駐車スペースとしては申し分ないのですが、この場所は「大岳山」だけでなく、「御前山」の登山口にもなりますので、多数の一般車両が押し掛ける事になり、来る時間が遅くなると駐車場所を確保できない可能性も有りますので、注意しましょうね。ここには公衆トイレも有るので、結構便利なんです。
ここまで来ると、大岳山までは最後の急登を除いて緩やかなup-downとなり、あまり足腰の鍛錬にはならんでしょうなあ。でも、

Evotech Performance Yamaha MT-09 Sport Tracker ABS リアアクスルスライダー 2015 - 2016

Evotech Performance社の製品はイギリスで設計、製造がおこなわれています。
上質な価値のある製品作りのスタイルをスタンダードとしている同社からは高品質の素材を用いた商品が多数設定されています。

、最後の登りは結構厳しいですよ。まあ 、岩登りと言うより崖登りですが… 。滑落とはいかないまでも、滑り落ちて行かない様に注意しましょう。
このコースは、紅葉が終わって、落ち葉が道に敷き詰められた状態の時に訪うのも 18インチ サマータイヤ セット【適応車種:アテンザセダン(GG系)】A-TECH シュナイダー SQ27 メタリックブラック 7.0Jx18ADVAN dB V551 215/45R18、里山の晩秋の、えも言われぬ物寂しい雰囲気を味わえて、結構ジ~ンと来るんです。もし、これからの季節で雪の降る前にここを訪れるなら、ゆっくりと時間を掛けて、その趣に浸りきって歩くのも感慨深くて良いかなと思いますよ。

 割とお手軽に登るのなら、車で養沢川を遡って、「七代の滝」の手前まで行き、そこから登って行くという手も有ります。多分、これが一番楽でしょう。でもここの道は、土砂崩れでよく通行止めになるんです。そこまで行かなくても、本来なら車で入れるかなり手前で土砂崩れで事実上入れなくなって、結構歩く羽目になったりします。舗装道路のドン詰まりで車を駐車するつもりなら、そう問題はないかもしれませんが、ここからだと結構ありますよ、歩く距離が。まあ、それが妥当なところなんですけどね。
七代の滝手前の登山口。ここまで車で来れるかどうか。時の運ですねえ!

 仮に、未舗装道路を進んで、「七代の滝」の手前まで車で入れたとしましょうね。本当のドン詰まりだと、工事や先客 クッコ KUKKO 18-5用インサートスリーブ 18-5-20-KU JP店、または土砂の保管の関係で駐車スペースが無い場合が殆どですので、そのチョッと手前に左手側の沢側に斜めに下っていく道があって、その先が結構広くなっているので、ここに駐車しましょう。なに、余分に歩くといっても、ほんのチョッとです。登山道は、未舗装車両のドン詰まりから始まります。
 登山口からチョッと入ると、長尾平方面との分岐が有りますが、そちらには入らないように。やがて名瀑「七代の滝」に着きます。ここから暫く急な鉄の階段が続きますが、腐らず登って行きましょう。この辺りから「綾広の滝」辺りまでが、岩石園です。この辺りは訪れる人も多く、中々早く歩けないでしょうが、まあゆっくりと人の後を付いて歩きましょうね。追越をかけてると、顰蹙を買いまくりますよ(私の様にね(笑))。
T.M.WORKS レースチップRS エクシーガ YA5 2.0ターボ 七代の滝からの登り。この急な鉄の階段が、何段にも渡って続く。でも、多分3段ぐらい ― だったかなあ。(一つ一つの階段の段数は、当然、多いけどね)

七代の滝と綾広の滝の間の東屋。ここでの休憩は気持ちいいんだけどなあ。

綾広の滝。この上に水場があり、御岳山から大岳山への登山道に接続する。

 綾広の滝を、高岩山側を巻くように登って行くと、水場に出ます。ここから先は、後述の「御岳山から回るルート」を参照してね。

 その他に、奥多摩駅から鋸山を経て大岳山に至るコースもあります。昔、意地になってやったコースで、奥多摩駅から鋸山山頂まで、何とか1時間を切ろうと躍起になって頑張ったのですが、どうやっても1時間3分掛かっちゃうんですよ。この3分を、どうやっても縮められなかったという、苦い経験が有る場所なんです。
 このコースの場合、車よりも電車を使う方が良いでしょう。と言うのも、ここには有料駐車場しか見当たらないし、大岳山に登った後、この鋸山を下ると言うのは結構しんどく感じるんです。
 先ずは、奥多摩駅から愛宕神社に向かうことになります。この愛宕神社への階段は、まるで反り返る様にそそり立っており、登り切る直前にひっくり返って滑落しちゃうんじゃあ… と不安になったりします。でもまあ、実際にやってみれば、どうって事無かったりするんですが。
 愛宕神社を過ぎると、 ―― 昔のままなら未舗装の ―― 林道に出ますが、この林道をちょっと行くと、右手側に登山道が有ります。この登山道は、一寸の間、林道と併走しますが、直ぐに林道から離れて一気に登る急登になります。
 やがて、天狗?を祭っている所に出ますが、ここから暫くは岩登りになります。といっても殆ど梯子ばかりですが… 。そこを過ぎると、やがて山頂に至ります。と言っても、この鋸山の頂上、眺望が開けてない事、甚だしい。まあ、長居は無用です。一服したら、直ぐ出発という事で。すると直ぐに大ダワから大岳山に向かうルートに出ます。後は大ダワの説明と以下同文、という事で。

 最後に、と言うか、これが自分の本命のルートなんですが、御岳山から回るルートです。まあ、これが一番popularでしょうね。殆どの人は、このルートで大岳山山頂に赴くようですから。
 殆どの人はケーブルカーで御岳山口まで行く様ですが、富士登山を目指すあなた!なりませぬ、その様な軟弱な行為。車で行くなら吉野街道沿いの無料駐車場から、電車で行くなら御嶽駅 ―― と言いたい所だけど、平地歩きはおいらも嫌なので 【送料無料】 225/55R18 18インチ BIGWAY ビッグウエイ LEYSEEN F-XV 7.5J 7.50-18 DUNLOP ダンロップ グラントレック PT3 サマータイヤ ホイール4本セット、バスで御岳山まで行きますか。まあ、ケーブルカーさえ利用しなければOK(なの?)。
 滝本駅に並ぶ人々を尻目に、参道を登って行きましょう。時々、Товарищ(タヴァーリシチ 同志)が居たりもしますが、通常は誰も来ないので少々侘しくなるけど、気にしない様に! ここは足腰を鍛えるには持って来いなんです。ここで重要なのは、登りのリズムを作る事です。自分の体のリズムを意識しながら歩きましょうね。
 滝本駅からビジターセンターまでの道程では、ケーブルカー見のベンチまでが「1/3 強」 W800(11~12年) フロントスプリング ハイパープロ(HYPER PRO)、ケーブルカーの軌道敷を潜る所で「2/3弱」と言った所です。このポイントで、自分のペースや体調を確認しましょうね。滝本駅からビジターセンターまで1時間で行ければ、まずまずでしょう。ビジターセンターで一服入れても良いですが、余裕が有れば長尾平分岐まで行きますか。でも途中の神代欅の所(売店街?の手前)の最後の登りは結構きついですよ。ここで無理をしても仕方ないので、ビジターセンターから長尾平分岐までは、チンタラ行くのも有りです。
 長尾平分岐で一本立て(休憩する事)て、気を引締め直しましょう。この先、岩石園や鍋割山を経由するルートも有りますが、体力自慢の方でもない限り、そんなに無駄な体力ばかり使っても仕方が無いので、分岐に入らないでそのまま道なりに行きましょうね。道は一旦下りますが、直ぐにほぼ平行移動になった後、一旦登って一気に下り、水場へと到着します。ここの水は、地元の蕎麦屋さんも汲みに来る程の名水なので、チョッと飲んでみるのも良いかも。山頂でコーヒーを入れたり料理したりするための水は、下から持って上るより、ここで汲むほうが楽でしょう。ここから先、厳しい登りが続きますので、ここで一本立てておきましょうね。
 さあ、ここからが大岳山の登りの本番です。最初の登りは、見掛け大した事ない様ですが、登ってみると結構きついです。実際きついのに、周りの景色のせいで大した事無い様に錯覚してしまうだけなので、気にしない様に。小さな木製の橋を渡った所から、本番の登りが始まります。とにかくリズムを崩さないことを意識して、登りましょうね。途中、滑りやすい場所が続きますが、前傾し過ぎない様に気を付けましょう(下る時は、後傾にならない様に)。
 あと、滑りやすい道を歩く時は、足の親指で踏み込む様にしましょう。ものの本には、「足の裏全体で踏む様に」と書かれている事が多いですが、これをし続けるのは、自分の経験上、無理。どこかに力を掛ける方が、続け易いんです。要はスキーの要領です。スキーは滑る斜面で、巧く制動を得ながら滑り降りていきます。スキーの板は、必ず板の先端の内側で踏みます。この時、踏む込む側の脚は腿を立て、体が回らないように反対側の腰をグッと堪えてカウンターを当ててやって制動を得ます。滑りやすい山道歩きも、要領は基本的に同じです。違いは外脚にするぐらいですか。外脚の内股 ― 足先をやや外側に開きつつも、膝の内側から足裏の内側に掛けて、体重を掛けて踏み込んでいく ― で、踵や脚の外側ではなく親指で踏み込む。ただし、腿が寝てしまわない様に、立てて歩く。後、後傾にならない。これが出来れば、先ず、滑る事はないし、たとえ滑っても、この態勢ならチョッとで済むし、直ぐに態勢が自然に治るので、転倒するl事は無いでしょう。と言う事で、閑話休題。
水場から高岩山分岐に至るまでの急登。雨の後や冬の霜柱が解けてしまう午後などは、本当に良く滑りますよ~。でも本当に怖いのは、真冬の完全に凍てついた時。特に午後。氷の表面が軽~く解けたりしてたら、もう大変。アイゼンがあった方が、無難 ― ですよね!

 やがて、高岩山との分岐に出ます。登りはまだ暫く続きますが、広くなっていて休憩するのに丁度良いので、チョッと一本立てますか。ここは休憩のメッカ(えっ!聖地?)で、大勢休憩してる筈ですしね。
 ここから大岳山の取り付き迄は、up-downは有りますが、実際は大した事無い筈です。疲れが溜まってき始める頃なので、思いの他きつく感じる可能性は有ります。そんな時は、ゆっくり歩きましょうよ。その先に、きっついのが待ってますから。
大岳山の取り付き。ここから暫く、きつい急登ガ続く。一服しましょうね!

 大岳山の取り付きの登りの手前で、一本立てるのも有りです。私みたいに、長尾平の分岐から大岳山山頂まで、一気に行く必要は有りませんよ。ここからの道は、岩登りではないけど、その意識が必要になると思ってください。岩が結構露出していて、滑りやすい場所も有り、(使う人がいるのかなあと思うけど)鎖もありますしね。滑落事故も、結構有る場所なんですよ。通り過ぎてしまえば、「えっ、危険な場所って有ったっけ?」と言う様な場所では有るんですけど… 。
大岳山荘に至る露岩の道。滑落だけは止めておきましょうね!(意図してする訳じゃあないか)

 きつい登りはペースを落としても、リズムを崩さない様に。歩幅を小さくしたり、1拍1歩の所を2拍1歩、若しくは4拍1歩にすれば良いでしょう。やがて、ちょっとした鎖や鉄の階段が有る場所に至りますが、鎖は必要だと思ったら躊躇せず使いましょう。階段は注意深くね(ここの鉄の階段は、踏み外したら骨折する可能性大です。こんな所で骨折したら、泣くに泣けません!僕なら取敢えず笑っときますけど… )。
 この鉄の階段が有る辺りで、大岳山荘が見えてきます。ここ、一回泊まってみたいんだよな。でも、日帰り出来る所で1泊するのは、勿体無いしなあ… 。あっ遺憾!閑話返題、閑話返題と。
大岳山荘。左の立派な建物は、何なんでしょうねえ。ここが宿泊施設なの?普段営業している所は、本当、曲げ庵(ごめん、悪気は無いんだ)なんだけどなあ。

 大岳山荘の手前を山側に行くと、大岳山への最後の登りが待っています。ここの大鳥居は、前は朽ちかけた金属製だったのですが、木製の趣き有るものに変わりましたねえ。まだ木の香も新しい、初々しい鳥居ですよ。ここで最後の休憩を取りましょうね。気息を整えたら、登山の無事を祈り、先ず大岳神社に御参りしますか。このnaturalな一服の後、最後の急登に取り付きます。
これが大岳神社。お参りしてね!

 暫く上るとぬかるんだ急登になります。ここで、前傾に成り過ぎると、登っていかないばかりか、転んで膝が泥だらけと言う事も、「無きにしも非ず」です。そこを過ぎて暫くいくと、最後の難所、「ちょっとした岩場」です。三点支持を心がけてください。少なくとも両手が離れる瞬間が有っては、絶対に駄目です!!!(まあ、ここの岩場程度なら、慣れてる人なら全然関係ないんですけどね。こんな事を言ってますが、私の場合、ここで手を使う事は、登りも下りもまったくなかったりします… 。駆け下りたりしてますから。でも、慣れない人は、三点支持!)
山頂手前の岩場。とにかく三点支持! ゆっくり、確実にね!

 岩場?は途切れ途切れに暫く続きますが、ゆっくりと地道に登って行きましょう。やがて見えてきますよ、山頂が。天気がよければ富士山がバッチリ!もう、写真、撮りまくりだね。中食も美味い …かな?疲れ過ぎてると、飯って食えないんですよねー。超食欲不振。まあ、こんな時は無理に食べなくても大丈夫。暫く休んでいれば、自然と食欲は湧いてきます。逆に言うと、食欲が湧くぐらいまで休んだ方が良いんです。疲れをある程度取らないと、次の行動(例えば「下り」)に入った時、過労で体が動かなくなってしまいますよ。
 その様な体力の無い、若しくは体調を崩した人に同行する人も、このことは意識するべきです。多少なりとも責任感があれば、同行者が身動き出来なくなれば、極めてcriticalな状態になっちゃいますよ。
大岳山山頂。結構広く、大勢が休息できます。でも、それを上回る人出になるので、場所取りはシビアです。頑張ってね!

ブレーキホース(アールズ アルミ製)Mタイプ 235cm HURRICANE(ハリケーン) 大岳山山頂から見た富士山。結構、格好良いでしょう?これを見るために、頑張るんだよねー。


さて、問題は下りです。車で来られた場合、元来た道を戻るしか有りませんね。体力を過剰に消耗してしまった人も、同様でしょう。いえ、「体力が過剰に有り余っている」と言う人以外は、これから紹介する道に入るべきではない、ね! そのルートとは、馬頭刈尾根を通って秋川渓谷の「瀬音の湯」に抜けるものです。
山頂からの最初の下りは、元来た方の大岳山荘側でも、反対の大ダワ側でもどっちでも良いのですが、楽なのは大岳山荘側でしょう。大岳山荘前の大鳥居の前まで戻ったら、大岳山荘を挟んできた道の反対側の右手側に、ルートを取ります。
やがて、馬頭刈尾根の分岐に出ますので、当然、馬頭刈尾根側に道を取りましょうね。このコースはとにかくup-downが激しいんです。余り焦ってはいけません。でも、距離も長いんです。有る程度の移動速度が必要でしょう。この相反する二つの要件を同時に満足させる歩きの練習に、このコースはなるんです。でも、体力が無いと、いざと言うとき身動きが取れなくなりますので、自分の体力と十分相談して、このルートに入ってください。
先ず、富士見台のベンチで一服しますか。焦っても仕方有りませんぞ。その後、つづら岩を巻いて行き、鶴脚山まで行きますかね。チョッと距離が有りますが、リズムさえ崩さなければ、そう困難は無いでしょう。一服後、目の前の馬頭刈山まで行きましょう。距離は短いですが、まあ、もう1回休憩しますかねえ。
そこから暫く行くと、道は一気に下ります。そのまま下ると登山道は、「養沢川」沿いの「軍道」に出ますが、途中で秋川渓谷の「荷田子」に向かう分岐があります。ここから先は地図には道は載っていませんし、自分もどう歩いたか、記憶は定かではないんですが、一旦人家の裏手に出た後、再び山道に入り、結局瀬音の湯の裏手の小山に出たと記憶しています。まあ、自分の技量を頼りに、私の辿ったルートを探し当てるのも良いでしょう。
でも、― 途中1回は車道に出るので ― そのまま車道を歩くのも良いと思います。後は「瀬音の湯」で、ゆっくりと汗を流しましょうねえ。このルートをとる場合は、着替えを忘れずにね!温泉に入った後 デイトナ(DAYTONA) ストロンガーチェーンロック 2.5m 95399、汗と埃に塗れた服を着るのは、自殺したくなる程辛いですからね!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

トラックバック用URL


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用)

タイトル (本文) ブログ名/日時
東京のパワースポット 檜原の神戸岩ライド
先日は東京のパワースポットである檜原の神戸岩ライドに行って来ました。素晴らしいパワースポットと、『神戸ステーキハウス』の屋号にも関係する地名が近くに存在するということを知り、興味を引き、

Evotech Performance Yamaha MT-09 Sport Tracker ABS リアアクスルスライダー 2015 - 2016

、早速行って来ました。 ...続きを見る
Kimagure Diary
2010/12/18 20:36
タイトル
本 文

コメント(0件)
内 容 ニックネーム/日時

コメントする

ニックネーム
本 文
富士見の山に行ってみよう ―― その6「大岳山」 四方山語り/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ: 大  中  小  閉じる {yahoojp} {utsukine.at.webry.info}

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-60438